マエストロ・ジュリーニ逝去に際して、たくさんの方々よりメッセージをお寄せ

いただきました。 ここに掲載させていただきます。

はじめまして  投稿者: K.Taka  投稿日: 6月29日(水)00時45分12秒

引用
管理人様、皆様、はじめまして。
このたびはマエストロの訃報に接し、大変残念であります。このサイトの存在を知り、早速記帳させていただきます。
私がジュリーニ指揮のCDを聴くようになったのは比較的遅くて、1991年ごろのBPOとのモーツァルトの交響曲第39番だったと記憶しています。店頭で何気なく手にしたCDに記載してあった第1楽章13分余り(普通は呈示部反復して11分程度)という長さに我が目を疑いつつ興味本位で買ったのですが、予想に反して、悠然としながらも一寸の緩みもなく歌心に満ちあふれた演奏で大変驚かされました。その後は晩年の録音を中心にマエストロ独特の世界を堪能させていただきました。また、ここのサイトにも載っている「新世界より」のCDについていたインタビュー記事を読んで、高潔な人柄だということも知り、尊敬しておりました。
高齢とはいえ、残念なことにお亡くなりになってしまわれたということで、何を聞いて追悼しようかと思案した挙句、壮麗なカラヤン/VPOのモーツァルトのレクイエムで追悼しました。追悼の意を表しつつ、偉大な業績に敬意を表し、あまり湿っぽくなりすぎないようにということで…。
最後に、あらためてご冥福をお祈りいたしますとともに、これからもマエストロの音楽が聴き継がれ語り継がれますよう祈念する次第であります。

天国でもご指名?  投稿者: umex@白梅亭  投稿日: 6月28日(火)00時23分36秒

引用
非常にジュリーニ情報が充実されていましたので、自分のweblogで、こちらのサイトを書かせて頂きました。
ホロヴィッツのジュリーニ談を読んで、やはりホロヴィッツはゲイだったのかなと思いました。天国でも協奏曲を演奏するのに、ご指名されているのかなぁ。

http://umezawa.cocolog-nifty.com/blog/


はじめまして  投稿者: バルサザール  投稿日: 6月27日(月)21時37分6秒

引用
管理人様並びに常連の皆様、はじめまして。
Googleで検索をいたしましてこのHPを知りました。こんな素晴らしいHPに今まで気がつかなかったとは痛恨の極みです。
痛恨の極みといえばジュリーニがついに天国に召されてしまいました。
全くの偶然なのですがその日私はブルックナーの7番を聴いて今更ながらに感動していたのですが、まさかその日に亡くなられるとは自分でも驚きました。
今頃、天国でブラームスやベートーヴェンなかんずくブルックナーからきっと感謝とねぎらいの言葉をかけてもらっていると信じております。
音楽の求道者であったジュリーニの数々の名演はこれからも、こころある聴き手に、至福の時を与えてくれることでしょう。
心からご冥福をお祈りいたします。

友人からメールをもらいました。  投稿者: じゅりふぁん  投稿日: 6月24日(金)21時26分42秒

引用
以下友人のメールです。
---------------------------------

今日、ヨーロッパから帰ってきました。
ジュリーニの件はウィーンで知りました。
ムジークフェラインには喪章がさがっておりました。
周囲は「引退してしばらく経つから」と意外にあっさりとしてはいましたが、、、

雑感ですが  投稿者: フラック@管理人  投稿日: 6月19日(日)15時21分41秒

引用
マエストロの逝去を惜しまれる皆様の書き込みを拝見し、改めてマエストロの
偉大さと、そのファンの方々の多さ・熱心さに感じ入っております。

この一週間、私は「偶然に決まってるさ」と思いつつ、ほんの少しの因縁めいた
ものを感じています。

私の愚弟の誕生日は5月9日、マエストロと同じです。そしてマエストロが
旅立たれた6月14日は、この私の誕生日なのです(これからは、自分の
誕生日にマエストロを偲びます)。

そして今週、マエストロを初めて知った当時に在籍していた大学の合唱団が
解散・廃部となりました。この団で初めて宗教音楽に触れ、マエストロ指揮の
CDを買い集めるきっかけになったのでした。私にとっては、この団に在籍して
いなかったらマエストロの存在も知らなかった、と言える貴重な出会いでした。
その団が、マエストロの旅立ちとほぼ時を同じくして消滅しました。

就職して福島に戻ってからも、少しお金ができると、愛車を飛ばして秋葉原まで
出かけて行っては「ジュリーニ指揮」と書いてあるCDを探し回ったものでした。
引退後も、何か少しでも情報はないかと雑誌をめくり「ジュリーニ」の文字を探し
ていました。

それらの思い出に、今週大きな区切りがついたと感じています。

ですが、その一方、これからマエストロ(とその演奏)に興味・関心を持って検索
される方々と、今ここを訪れて下さっている方々のためにも、このサイトは区切り
なく続け、更にしっかりしたサイトにしなくてはと思っています。

決して価値を押し付けるわけではないのですが、「こんな凄い人がいたんですよ」
ということを伝え続け、一人でも多くの方にマエストロ・ジュリーニの音楽を
聴いていただけるようにしたいと思います。

今後とも皆様のご助力・ご支援をよろしくお願い致します。
長文にて失礼しました。

レクイエム  投稿者: 六文錢  投稿日: 6月18日(土)17時41分30秒

引用
 ジュリーニの訃報に接し、検索をしていたところ、貴ページへ漂着致しました。
 とてもよく整理されていると感服しています。
 彼の訃報を通じてコメントをやりとりした人たちにもこのページを紹介致しておきました。(出過ぎた真似でしたらご容赦を!)

 私自身、通り一遍の音楽好きで、ジュリーニについても特に詳しくはないのですが、以下に引用します日記のような事柄があったものですから、彼の訃報にはしんみりしたものを感じるのです。
 以下、よろしくご笑覧を。

 ===============================

 カルロ・マリア・ジュリーニが逝った。享年91才だった。

 1991年8月28日、モーツアルトイヤーの夏のコンサートの終幕近く、私は、モーツアルトが洗礼を受けたというザルツブルグの大聖堂にいた。
 この日、いわゆるドームコンサートとして、ここで『レクイエム』が演奏されることになっていた。ドーム内に数千人、大聖堂前の特設広場で約一万人が聴くという大コンサートであった。

 私は早起きした甲斐があって、何とかドーム内に潜り込むことが出来た。床に腰を下ろして忍耐強く待つこと一時間半、突然歓声と拍手が起こった。すわ、演奏者の入場と立ち上がったが、そうではなく、特別招待席へ一人の男性が入場してきたのだった。それは、今は亡きゲオルグ・ショルティ(当時はシカゴ?)が、一聴衆としてやって来たのに気付いたファンたちの歓迎の挨拶だった。

 それから幾ばくかして、大歓声、拍手、口笛などが鳴りわたるなか、今度は本当に演奏者たちが、祭壇前の特設ステージへ入場してきた。
 ウィンフィル、ウィン国立歌劇場合唱団、そして指揮はジュリーニであった。

 ドームを揺るがすような聴衆の歓迎のざわめきが静まるのを待って演奏が始まった。ドームに反響し、跳ね返る音、それらは、今日のCDの清冽な音質にに比べれば、幾多の余剰や雑事を含むものであったろう。
 しかし、考えてみれば、『レクイエム』も、そしてその他のミサ曲も、本来はこうした場で演奏された筈なのだ。

 とはいえ、私には、その折りの音質や演奏の善し悪しを語る資格はない。なぜなら、もう、最初の「キリエ」で涙が溢れ、音を客観的に聴くというより、それらの音のうねりに、ただただ身を任せてさすらっていたに過ぎないのだから。

 このシーンを含め、10日間にわたるウィーンとザルツブルグ滞在は、私の人生のハイライトであった。
 その私の至福の瞬間を与えてくれた要因のひとつであったジュリーニの死を知り、感慨無量なものがある。

 あの日、ドームに溢れた『レクイエム』の残響に包まれて、彼が昇天する様を思い描きながら、もって別れの言葉としたい。

 ジュリーニ氏よ、ありがとう! そして合掌。


いつかは…、とは思いながらも。  投稿者: c.m.uchida  投稿日: 6月18日(土)03時45分15秒

引用
はじめまして。自分のイニシャルの前にCをつけてHNにしておりますが、20年来の熱烈なファンです。
人間の寿命いつかは果てるものとは理解しつつも、クラシック音楽全般を傾聴し始めた当初から最高の指揮者であり、かつ最高の人格者として尊敬していたマエストロの訃報に接し、涙を禁じ得ません。
最初に購入したレコードはシカゴとの展覧会ですが、絶叫オケをここまで音楽的に鳴らすのかと聴けば聴くほどに関心すると同時に、いろいろな曲を聴きはじめました。
82年の来日公演は5/13の東京文化会館から5/16の横浜まで4日間連続で会場に通い、演奏を密かに録音するために、ウォークマンプロを大枚はたいて購入しました。終演後のサインも4枚。最初は緑色のプロフラム、2日目は色紙に大きく、3日目はリゴレットのLPに、4日目は先に出て着た弦楽器のトップ奏者(シドニー・ヴァイス、ロナルド・レナード、ヤン・リンカ)とともに。最後にサインをしたマエストロは、色紙のどこにサインをしようか一時考えた末に一番端に小さくサインをしてくれました。
今でも悔やまれるのが卒業旅行でロンドンに行った際のことです。ツアーの旅程でロンドンを離れるその日の晩がフィルハーモニアとのコンサートで、キャスリーン・バトルとのフォーレのレクイエムでした。今にして思えば無理をしてでもロンドンに留まるべきであったと後悔しています。
その後実演を聴く機会はなく、FMとLP・CDのみでしたが、個人的に好きな演奏は@ウィーンでのブルックナー9番ライブ(当日解説の金子建志氏が声を震わせながら「演奏史に残る名演」と言ったのは今でも覚えています。)、Aベルリンフィルとのミサソレムニス(終演後しばらくして湧き上がるような拍手が続く至福の感動が味わえます。)、B同じくベルリンフィルとの田園(アタッカで全楽章を演奏したもの。マエストロの優しさそのもののような演奏でした。)が挙げられますが、当然ながら書ききれるものではありません。
今日はこれから、スウェーデン放響とのミサソレを聴いて休みます。マエストロよ、永遠に。

寂しい・・・  投稿者: ART8910  投稿日: 6月18日(土)00時47分23秒

引用
はじめまして。
私はあまり掲示板に書き込みをすることはないのですが、さすがに今日は・・・。

ただただ残念の一言です。


思えば、浪人生の頃、大阪のレコード店で見つけた「ミサ・ソレ」の輸入版CDがはじめての衝撃でした。音楽を聴いて涙する、初めての出会いでした。音楽性云々はもちろん、その生き方、私にとって「あこがれ」であり「目標」でした。


中でも、「自然」に生きる ということのすごさを教えてくれた人です。


ヴェル・レクや新世界、ロ短調ミサなど、言い出したら全部になるけれど、僕はやっぱり「ミサ・ソレ」を聴いて追悼させていただきます。

心より御冥福をお祈り致します  投稿者: papas  投稿日: 6月17日(金)17時25分8秒

引用
こんにちは、フラックさんを初め皆様、ご無沙汰しております。

最近、子供が入院してしまい、看病の毎日で書き込みも出来ずにいました。
視聴記の件もそのままになっていて、心苦しい限りです。
また、フラックさんの教え子のお子さんのことも、掲示板にて存じておりましたが、気遣いの言葉の一つもお送り出来なかったことをお許し下さい。

いつかは必ず来る日ではありましたが、マエストロ・ジュリーニが旅立たれました。
入院してしまった子供のこともあり、大きなショックが続いて、今は言葉もありません。

ただ、今は心からの御冥福をお祈りしております。
気持ちが落ち着きましたら、また書き込みをさせて頂きます。

それでは。

初投稿、深い哀悼の意を表します  投稿者: マイナルディ  投稿日: 6月17日(金)03時12分34秒

引用
初めまして、マイナルディと申します。皆様、どうぞよろしくお願い致します。

ジュリーニ、私が最も尊敬する偉大なイタリア人指揮者。

何度か生で聴くチャンスはあったのですが、一度も聴けずにマエストロは天国へ旅立たれました。

私はマエストロの知性、作曲家への畏敬の念そしてイタリア人ならではの歌心溢れる指揮を
心から尊敬しておりました。

特にヴェルディの歌劇(カラスが主役を歌ったスカラ座のライブ)は音楽史上に残る名演でした。

その他にもウィーン・フィルとのブラームスの全交響曲とドイツ・レクイエム、ブルックナーの第八交響曲は彼の個性のよく出た名盤だと思います。
ですから、ウィーン・フィルとの来日公演が実現しなかったのは返す返す残念でなりません。

ウィーン・フィルとのドイツ・レクイエムを聴きながら、ご冥福をお祈りしたいと思います。

どうか安らかにお眠りください。

初投稿、悲しみとともに・・・  投稿者: taizoupunch2000  投稿日: 6月17日(金)02時04分1秒

引用
はじめまして、taizoupunch2000と申します。

ジュリーニリスナーとしては甚だ日の浅い私ではありますが
この度の訃報に際し、深い哀悼の意をもって最初の書き込みとさせて頂きます。

これほど立派な人物がこの世にたった一人でも存在してくれていることが
私にとって強い心の励みになるような特別な存在でした。

改めて衷心からのご冥福を! 合掌

安らかに  投稿者: konta  投稿日: 6月17日(金)00時21分9秒

引用
今朝の新聞で知り、思いっきり目が覚めました。

人の死は必ず訪れるもの、と彼の年齢から「何時かは・・・」と
妙な覚悟のようなものを感じていた毎日でしたが
現実になると、なんだか胸にポッカリ穴が空いたような気がします

今はただ、安らかに、

そして自分の人生に数々の感動を与えてくれたことに感謝したいと思います

忘れられない思い出が二つあります

ひとつは
82年のロスフィルとの公演(私の唯一のジュリーニ生体験でしたが)
私は
マ・メール・ロア
火の鳥
ブラームスの1番
でした。

二つ目は、
88年(?)のウィーンフィルとの
ブルックナーの8番がFMでライブ放送された晩
おんぼろのラジオから流れてきた初めて聴く曲に
涙が出て止まりませんでした。

みなさんの忘れられないジュリーニ体験は
何ですか?

黙祷  投稿者: フラック@管理人  投稿日: 6月16日(木)20時18分55秒

引用
ここ数週間パソコンの不調に悩まされ、やっと今日ネットに接続できました。
管理人として恥ずかしいのですが、訃報は皆様の書き込みを見て初めて知り
ました。

おかしなもので、とてもショックで悲しいはずなのに、涙は出ません。
ただ、これから時間が経つにつれて言いようのない喪失感に見舞われる
予感がしています。

管理人としていろいろやるべきことはあるのですが、トップページの
マエストロの写真の下に、−2005.6.14 と記すのは辛いですね。
今後、パソコンを完全に復調させたら(今現在は更新もできません)、いろいろ
と追加や整理を行いたいと思っています。

今は、偉大なマエストロに対して黙祷を捧げたいと思います。

ありがとうございました、マエストロ。

安らかに・・・  投稿者: Prunella  投稿日: 6月16日(木)15時52分13秒

引用
しばらく前にこのサイトを見つけて、マエストロの元気な姿を拝見した
ところだったのですが・・・謹んで冥福をお祈りいたします。

すばらしい演奏の数々は、永遠に聴き継がれていくことでしょう。

お疲れ様でした  投稿者: 鴻辺コウ  投稿日: 6月16日(木)14時03分25秒

引用
マエストロの音楽には、辛いときに慰められ、
嬉しいときには、幸福な気持ちを増幅させてもらいました。
心よりご冥福をお祈りします。

今は何も考えたくありません。
バッハのロ短調ミサを聴くぐらいしかできません。

思い出  投稿者: 江戸川の室伏  投稿日: 6月16日(木)13時19分16秒

引用
江戸川の室伏と申します。。

 今朝の日経の朝刊にも写真入で出ていました。
1975年にウィーン響と来日した時のブラームス#1やマーラー#1「巨人」を聴い
た時は、イタリア人の指揮者と軽く見ていたらものすごくがっちりした音楽をやって
くれたのでビックリしました。このときはマネージメントに友人が居たので招待券を
もらって仲間の連中10人以上と押しかけた覚えがあります。
 この後からFMでも放送が多くなりブルックナーがかなリ放送されていたようで
す。
 1960年のイスラエル・フィルとの来日についてはわかりませんが、1975年
は放送がありませんでした。1982年のLAフィルとの来日公演は放送されたので
しょうか?

 1974年にはAMのFENでジュリーニがフィラデルフィア管弦楽団を指揮したヴィヴァルディの「四季」が放送されました。エアチェックした記憶があるので探してみようと思います。

哀悼  投稿者: N.H  投稿日: 6月16日(木)10時37分29秒

引用
大変びっくりしました。
彼のモーツアルト・レクィエムを聞いて安らかなる永眠をお祈り申し上げます。

今知りました  投稿者: la scala  投稿日: 6月16日(木)09時20分26秒

引用
ショックです。

涙が出そうです。
仕事が手に付きません。
1年前は、あんなにお元気だったのに。

安らかにお休み下さい。

嗚呼、マエストロ・・  投稿者: じゅりふぁん  投稿日: 6月16日(木)07時46分10秒

引用
どうか心安らかにお休みください。

呆然‥そしてありがとうございました  投稿者: リセット  投稿日: 6月16日(木)07時34分41秒

引用
たいへん悲しいです‥。。
小生、ジュリーニさん以上に感銘を与えてくれた芸術家は知りません。
ジュリーニさん、われわれに偉大な芸術と希望の音楽をありがとうございました。
どうか、またすぐに生まれかわって再び感動の芸術を‥‥。。。

新聞を見ました  投稿者: i3miura  投稿日: 6月16日(木)07時10分39秒

引用
おはようございます。
僕も今朝の新聞を見て、暫く呆然としてしまいました。
今晩は、フォーレのレクイエムで追悼するつもりです。
いつか来るとは思っていましたが、非常に残念です。

私も  投稿者: あうん  投稿日: 6月16日(木)01時54分4秒

引用
このニュースを知り、しばらく思考停止に陥り、今彼のブルックナー7番を聴いています。本当にすばらしい演奏です。

マエストロが・・・  投稿者: ジュリーニの一ファン  投稿日: 6月16日(木)00時35分32秒

引用
ジュリーニが亡くなられました。残念です。
今からウィーン・フィルとのブルックナー:交響曲第7番を聞いて追悼したいと思います。