マエストロはかく語りき  その他



「今の時代には多くの危険があります。たとえば、量と質のひどいバランスの悪さです。更には、一般的に現代の人々はあまりにも多くのことをしなければならないので、考える時間を十分に持てないということです。自分自身のことを考える時間があっても、テレビが邪魔をします。テレビを見ていると、受動的になってしまい、能動的ではなくなります。」



「勇気がなければ善ではいられません。知性がなければ善ではいられません。気前が良く愛他的でなければ善ではいられません。」



「ルキーノ・ヴィスコンティは、オペラの基本となる音楽と芝居の統合とバランスを深く理解していました。彼が楽譜を読めたかどうかは分かりませんが、彼は知識において音楽的才能がありました。彼が子供の頃、両親はスカラ座の会員で、音楽と文化に浸って成長した彼には歌劇場の血が流れていました。彼との共同作業は、私の芸術家としての、また人間としての人生を豊かなものにしてくれました。」



「日本は好きです。いい国です。現在の私のレコード会社は日本のソニーですしね。だからあの日出ずる国へ演奏旅行できたら嬉しいのですが、無理です。妻のことを考えますとね。日本へは3度行きました。聴衆の注意力、音楽をよく知って聴こうとする真剣な態度、とても響きの良いホールの素晴らしさ、人々の信じられないほどの歓待ぶりなど、よく心に残っています。短期間のうちに、日本人は信じ難い理解力と頭脳の柔軟性を発揮して我々の音楽を、彼らの文化にとっては異質なものだったと思うのに、完璧に自分たちのものにしてしまいました。本当にすごい人たちですよ。」



「親愛なる皆様へ。私のフランス音楽のディスクが、レコード・アカデミー賞に選ばれたことをとても嬉しく思います。残念ながら短期間ではありましたが、日本に滞在した日々をよく覚えています。私に示して下さった、皆様の愛情への深い感謝の気持ちを、この音楽を通して皆様にお伝えできれば幸いです。C.M.ジュリーニ1995年11月28日」



(スコアの表紙にサインを求められて)
「とんでもない!バッハの名前が載っている所に自分のサインなどできません。」




「恐怖など、キャリアの浅い駆け出しのようですが、何年経っても恐怖はつきものです。むしろ大きくなっていきます。なぜ怖いのか。それは、演奏の責任の他に、聖なる怪物である聴衆がそこにいるからです。何千人もの聴衆を前にすると、そのパワーに圧倒されそうになります。彼らの期待感が伝わり、キャリアを重ねるほどに責任も大きくなります。期待を裏切り失望させるかもしれない。聴衆もコンサートの一部だと思うので、積極的に参加し指揮者と交流すべきです。」




「ロンドンの聴衆はとても積極的で熱心です。彼らはいつまでも拍手を続けてくれ、演奏会の後で楽屋まで訪ねて来てブラヴォーでなくありがとうと言ってくれます。」




[ 2004年、5月6日付のコリエーレ・デッラ・セーラ紙のインタビュー ]


マエストロ、90歳のお祝いは?

「特別な祝い事はしません。3人の息子と嫁たち、それに7人の孫たちと一緒に夕食をとるだけですよ。」
薄暗い照明の部屋には、閉じたままのピアノ、テーブルの上には愛読書であるマンゾーニ「婚約者」、その他トルストイやドストエフスキーの作品が置かれている。そこには楽譜やレコード、CDなどは全く見当たらない。

マエストロ、音楽は・・・

「もう音楽は聴きません。私の録音ですらね。98年に、指揮台で気分が悪くなって以来、指揮はやめました。もうこれ以上振り続けることはできないと悟ったからです。指揮棒を置き、音楽から遠ざかり始めました。容易なことではありません。」

なぜ音楽と別れたのでしょう?

「感動しすぎるからです。もう考えたくないのです。今、音楽について話すのは、誰か他人が話をしているような感じなのです。音楽をすることは、全身全霊を打ち込むことが要求されるのです。」

音楽に惹かれたきっかけは?

「両親と共にボルツァーノに住んでいた頃のある日、広場で誰かが弾く楽器の音に魅了されました。私は父に、その楽器(ヴァイオリン)をクリスマスプレゼントにくれるよう頼みました。初めは遊びで弾いていましたが、やがて本気で学ぶようになりました。そして20歳の時、ローマでアウグステオのオーケストラのオーディションに合格したのです。忘れがたい幸運でした。」

指揮に魅力を感じたのは?

「ローマで作曲科の最後の試験を受けた時でした。オーケストラを指揮できると知った時、強い願望を感じたのです。私の最初のコンサートであり、このとき指揮というものの奥深さを知りました。その後の発展は、周囲から与えられたものでした。私は誰にも何かを求めたことはありません。オーケストラには常に私自身の解釈を提示しました。ウィーンやベルリンに行って、著名な楽団員に私の解釈で演奏するよう要求するのは易しいことではありません。しかし実際は、ウィーンからベルリンまで、幸福なコンタクトを持つことができました。」



 インタビューは更に続き、好みの作曲家はハイドンからヒンデミットまでで、それ以外は自分自身の中に感じることができず、自分の中に感じられない作曲家の作品は演奏しなかったこと、若手の指導に尽力したが、指揮すなわち感情を身体で伝えることを教えるのは難しいこと、などを語った。また今では、テレビではサッカーしか見ない(少年時代からユベントスのファンだそうだ)ことや、改修されたスカラ座を訪れるつもりはないと言い、完全に音楽から身を引いたことを明らかにした。






音楽観     他の音楽家     自分自身     来日時のインタビュー