マエストロ追悼の記事・コメント

 一部省略、要約しました。また、海外の記事は意訳しましたのでご了承下さい m(__)m

クラウディオ・アバド

 私がミラノ音楽院時代に在籍していた当時、マエストロ・ジュリーニは私たちの学生オーケストラを指導して下さいました。彼は私たち学生を自宅に招いて、さらに貴重なものを与えて下さいました。注意と助言です。私にとっては、心の師であり父でもありました。



リッカルド・ムーティ

 マエストロ・ジュリーニは、深い精神性をもち、音楽に対し稀にみるほど献身的な人でした。また、一緒に仕事をした全ての人たちから非常に愛され、尊敬された音楽家でした。マエストロ・ジュリーニはオーケストラ指揮者の歴史上、そして、20世紀の演奏家の中で最高位にある人だと思います。トスカニーニやデ・サバタの高弟に相応しく、イタリア音楽のレパートリーで模範となるほど重要だっただけでなく、彼の精神や天性の雄弁さを知性をもって十分に表現できた、ロマン派のレパートリーにおいても重要な人でした。



チョン・ミュンフン

 私が初めてマエストロ・ジュリーニと会ったのは、今から27年も前のことである。25歳の私が、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団で幸運にもマエストロのアシスタントに抜擢された時である。

 マエストロの仕事への取り組み方というのは、マエストロ自身が抱いている作曲家たちと演奏者への偉大な愛と尊敬に基づいた、非常にシンプルで自然なものであった。マエストロは、作曲家たちと演奏者への愛と尊敬だけを考えて演奏し、それらの間に余計な事が介在することを許さなかった。

 私の考えでは、マエストロは純粋な表現を最も重視した指揮者であった。マエストロが舞台に上がりオーケストラの前に立った時、それまでの長い音楽活動で深く心の中に取り入れ熟成させてきたことを彼らに伝え、分かち合うことに常に成功していた。私にとって、マエストロ・ジュリーニという手本が決定的となったのは、数年間の思索の後、私がオーケストラの指揮に自分自身を捧げようと決心した時で、それ以来マエストロは、私の音楽家としての人生の中でいつも模範であり続けた。

 しかし、マエストロ・ジュリーニの人間的美点は、音楽家としての偉大さを上回っていた。その魂の気高さ、謙虚さ、寛大さは、彼を知る幸運に恵まれた人々の魂に対し、常に深く訴えるものがあった。音楽家としてマエストロは、音楽に奉仕するため、そして音楽を通して人類に奉仕するための「聖職者」のイメージに限りなく近い人物であると私はいつも思っていた。

 私は、自分の生徒たちに、マエストロ・ジュリーニを手本として見習うようしばしば話し、彼らを激励したものだった。マエストロ・ジュリーニは間違いなく私が人生の中で最も敬服する人間そして音楽家であり、その芸術家としての証は、最も高貴で最も純粋な手本として、将来の世代の音楽家たちのために存続し続けるであろう。



黒田恭一

 カルロ・マリア・ジュリーニは、花が香りを誇らず、彩りを衒わず、静かに咲いて花としての存在を全うできた時代に、音楽に深く踏み込んだところで繰り広げられる徳の高い演奏によって、音楽に耳を澄ますことの喜びを教えてくれた指揮者だった。

 ジュリーニは、音楽に対してのみならず、聴き手に対しても礼節の人だった。ジュリーニの音楽にある徳は、おのずとそこから滲み出たものと思われる。ジュリーニの演奏を、演奏の技術的なよしあしだけで言ったら、おそらく、その演奏の内にある最も美しく、最も力強いものを感じ取り損なう。ジュリーニの演奏を聴く方法は一つしかない。音楽を、ジュリーニのように深く愛して、真摯に、謙虚に耳を澄ますことである。そのようにして聴いたとき、僕たちは、ジュリーニの演奏だけにある、温かくて確固とした音によるメッセージを感じ取って、頭を垂れることになる。



許 光俊

 カルロ・マリア・ジュリーニが亡くなった。静かに現場を退いて数年、90歳を超えての死だった。最後の演奏はスウェーデンで演奏した「ミサ・ソレムニス」だろうか。各地のオーケストラの客演指揮者として名を連ねていたが、晩年はほとんどキャンセルばかりだった。クルト・ザンデルリンクとは違って、引退コンサートを行うこともなかった。 日本には1980年代、ロス・アンジェルス・フィルと来たきりだった。私は幸いにも、そのときのおよそアメリカのオーケストラらしくない厳粛な音楽に三晩つきあった。ブルックナーの第7番が美しく流れる演奏でもっとも好ましく感じられたが、ヴェルディの序曲は極端に大まじめで重々しく、全然オペラティックではないので意外の感がした。

 録音は非常にたくさんあって、1950年代から引退直前まで、私たちは彼の演奏の変化を克明にたどることができる。ロンドンのオーケストラとの生き生きした躍動感がある演奏、シカゴ響との美しいと同時に温度が低い演奏、ウィーン・フィルやベルリン・フィルとの大家然とした演奏、コンセルトヘボウやバイエルン放送響との悠久の演奏・・・。結局のところ、ジュリーニは歌の人だった。マーラーもブルックナーも得意とし、ストラヴィンスキーもラヴェルも大事なレパートリーとしていたが、ジュリーニの音楽のもっとも独特な表現は、歌の力によっていた。私は晩年の、一本の歌の線がいろいろと色彩を変えながら流れ続ける音楽が一番好きである。元気な音楽家なら他にもいる。おもしろい解釈や深い読みを示す人もいる。しかし、晩年のジュリーニのように、きわめてゆっくりしたテンポで、しかも途切れることなく歌い続けた指揮者は、少なくとも1980年代以降いなかった。

 今日、「高級な」雰囲気を持つクラシック音楽は、稀になった。汗くさかったり、せかせかしたり、演奏家自ら売るための差別化を公言してはばからない、安っぽい演奏が大部分になった。若い娘たちがあられもない格好で演奏するのもありふれた風景になった。しかし、もしクラシック音楽がそんな低劣・低俗・下品なものなら、「クラシック」音楽と呼ばれることは決してなかっただろう。ジュリーニの音楽は、クラシック音楽が真に高級であった時代の最後の華だった。



前田昭雄

 尊敬するマエストロ(「先生」と呼ばせて下さい)、先生はとうとう逝ってしまわれたのですね。ウィーンで素晴らしいブルックナーを聴かせていただき、また、忘れられないお話を伺ったのは1996年の春でした。

 指揮者という解釈者が、どのくらい自分の我を離れて作品の中に入り込めるのか、東洋的な表現をすれば「没我入神の域」とでも言いましょうか、その一つの貴重な例を、私は先生の指揮芸術に感じたのであります。その際に先生が発揮される沈潜のエネルギーは強烈でした。

 一流の列に達した指揮者の中で、先生ほど徹底して振り捌きのタクトを振られない人はありません。あちこちに入りの合図を配達するよりも、本質的なことに集中されていました。細部への気配りは、主に目と身体から発散する「気」から明らかですが、長い上腕の動きが表現的に音楽全体を運んでいきました。贅沢な響きも、重厚な響きも、荘重な響きも、先生の身体は大事に抱えるようにして、素晴らしい時間へとゆっくり、じっくり形成していきました。先生は、劇的な身振りもなくそれを実現されたのです。



木之下 晃

 巨星が消えた。巨匠ジュリーニが6月14日、イタリアのブレーシャの病院で逝去。91歳の天命だった。葬儀は、巨匠が晩年を過ごしていたオーストリアとの国境に近いボルツァーノのドゥオーモで、16日に執り行われた。

 私にとって、巨匠は指揮者の中で最も尊敬の念を抱き続けた人である。その演奏から、神とコンタクトするかのような神々しい瞬間に幾度か触れた思い出がある。巨匠の指揮ぶりは、オーケストラから音を両手で汲み上げ、それを掌の中で光沢のある色彩感に満ちた音に磨き上げて、宙へ向かって捧げるかのように感じられた。その音楽には、まさに神への尊厳が輝いていたと思っている。

 私は今まで、多くの巨匠たちと言葉を交わしてきているけれど、遂にジュリーニだけには声をかけることが憚られた。しかしそのことは私にとって当然のことで、巨匠は、音楽に神の存在を感じさせてくれた特別な人だったからである。



野田和哉

 イタリアの各新聞は、前日に亡くなった指揮者、カルロ・マリア・ジュリーニの訃報を大きく報じた。引退後は指揮をしないだけでなく、聴くことさえもやめてしまっていた。だが音楽界に残した業績は大きく、引退はしても決して忘れ去られた存在ではなかった。それが今度の訃報の大きな扱いに反映されたのである。

 彼が若手の指導に情熱を注いだ、ミラノのヴェルディ交響楽団の本拠地にあるオーデトリアムには、彼の指揮棒と、幼い頃に両親から贈られたというヴァイオリンが展示されている。指揮棒はよほど大切にしていたらしく、同じ棒を長年使い続けていたのである。謙虚に音楽に仕えたジュリーニの姿勢は、聴衆だけでなく、彼と共に仕事をした多くの音楽家にも感銘を与えた。



中矢一義

 3年ほど前、チョン・ミュンフンに師の近況を尋ねたところ、「2年ほど前に自宅を訪れたが、本人に会わせてもらえなかった」と語っていたので、遠からずこの日が来ることは予測していたものの、実際に訃報に接し、改めて深い追悼の思いを噛みしめている。

 私にとってジュリーニは、最も敬愛する指揮者だった。1982年、彼の15年ぶりのオペラ・ハウスへの復帰となる、ヴェルディの「ファルスタッフ」のリハーサルを見学することができた。見学者の中には、ジェフリー・テイト、サイモン・ラトル、そして当時イングリッシュ・ナショナル・オペラの音楽監督だったマーク・エルダーなどがいた。リハーサルの合間に、エルダーに感想を求めたところ「物凄く勉強になる!」と興奮した口調で語ってくれたことも思い出深い。

 ジュリーニを親しく知る人たちが異口同音に発する評言は、「誠実な人」「完璧な人間」だった。そして私がジュリーニと接する機会を得て実感させられたのは、まさに評言通りの実像だったのである。



レンツォ・アッレーグリ

 カルロ・マリア・ジュリーニが旅立った。穏やかな、自然な旅立ちだったことだろう。彼は敬虔なカトリック信者であった。だから死は彼にとって、神の御許へ向かうことなのだ。

 ジュリーニは1998年に引退した。その後の彼は、全く音楽について語らなかった。私には自身の録音を聴くこともないと言っていた。ラジオ・テレビ・新聞も音楽に関するものは一切見聞きしない、とも言っていた。音楽を、その個人的な思い出を含めてすっかり意識の外に置いたのだった。

 思い返すと、確かに1998年以来、彼と話したのは音楽以外の、絵画や文学についてである。彼は大変な読書家だった。私が自分の著作を贈ると喜んでくれた。そしてすぐに、感謝の電話をくれた。あるいは数週間後に、既に読んだと感想や意見を述べてくれた。それはいつも、丁寧な深い思いやりの言葉にあふれていた。電話は妻が受けることもあり、ジュリーニは妻ともよく話していた。妻が驚いたのは、そうした時の彼の慎ましい話しぶりであった。

 引退後の彼は、家で静かな日々を過ごしたが、日課にしていたのは日に2回の散歩であった。スカラ座のすぐ裏にあたる彼の家の周辺は、閑静な住宅街でありながら、美術館や美術学校、古美術商、有名なブティックも多い。朝と夕、彼は帽子をかぶり、少し暗いレンズの眼鏡をかけて散歩に出かけ、背筋をすっと伸ばし速い足取りで歩いた。近くに住むバリトン歌手のG.ヅェッキルロは散歩中のジュリーニによく出会った。私は、ジュリーニからしばらく連絡がないと、健康状態が心配になり、ヅェッキルロに電話した。彼がマエストロに会っていれば健在というわけだ。

 ヅェッキルロはある時、私に、大指揮者の生き様を知るのに興味深い報告をしてくれた。散歩中のマエストロは、よく人から挨拶されたという。時には、勇気をふるって話しかけ、サインを請う人もいた。するとマエストロは、それが誰であっても立ち止まり、帽子を取った。帽子をかぶったままは非礼とする、彼の相手への敬意の表れである。彼にとっては、相手が男でも女でも、有名人でも見知らぬ勤労者でも、一人の尊い人間であることに変わりはなかったのである。

 彼は、死を恐れてはいなかった。何度か私に言ったことがある。「妻のマルチェラと、両親に会える日を楽しみにしているのだ」と。今、向こうの世界で皆一緒のことだろう。カルロ・マリア・ジュリーニの思い出は尽きない。私にとっては、偉大な指揮者であっただけでなく、それにも増して偉大な人間、賢人、さらには聖者であった。