2004年のマエストロ

 ハンドル名「la scala」様より、たいへん貴重な資料をいただきました。

 2004年に、ミラノにあるマエストロ・ジュリーニのご自宅を訪ねられた際の様子をレポートして下さいました。また、当日撮影された写真も提供していただきました。

 la scala様、本当にありがとうございましたm(__)m



マエストロ訪問記

                                                                                       la scala

私は、昨年5月20数年来の友人であるスカラ座のバイオリニストからの招きで、ミラノパルマを訪れました。その際の、マエストロに関する2つの`事件`についてご報告いたします。

5月6日、ファルスタッフの公演の前にスカラフィルのリハーサルを見ることが出来ました。場所は、Teatro Abanella。元は映画館だったところでスカラ座のオペラ・バレエ公演のオーケストラリハーサルにも使われているとのこと。友人とともに中にはいると、なんとスカラフィルからマエストロへの手紙が置いてありました。マエストロは現役時代スカラフィルに何度も客演し、主にベートーベン・シューベルト・ブラームス・ブルックナーなどのドイツ音楽を中心に演奏を行いました。5月9日に90歳の誕生日を迎えるので、スカラフィルから感謝の意を伝えるものでした。余白にはスカラフィルの楽員がサインをするスペースがとってあり、友人も早速サインしていました。マエストロは、引退して6年程経っておりマスコミに登場することも、ほとんどなくなっていますが、いまだに大きな尊敬を集めていることが伺われます。

 5月7日、なんとそのマエストロに直接お会いすることが出来ました。実は、友人夫妻はマエストロのアシスタントをしているMarcoと懇意にしておりミラノを訪れる前からマエストロに会いたい、とお願いしておいたのです。ただ、本当に実現するとは半ば思っていませんでした。

 約束の18時にスカラ座から徒歩10分くらいのご自宅を訪ねました。ご自宅は裏通りにある、日本風に言えばマンションです。入り口には守衛さんがおり友人が面会の約束があることを告げると、内線で確認をとってくれて部屋まで案内してくれました。ブザーを押すと本人が戸口まで迎えに出てくれました。最後の来日公演以来22年ぶりにお会いできたマエストロは、年こそとってはいるものの足腰もしっかりしており大変お元気な様子です。部屋は、10畳ほどでナチュラルウッドのグランドピアノと机、それに応接セットが置かれていました。照明は机上と応接セットの上のスタンドのみでかなり暗い部屋です。

 まず、友人が私をマエストロに紹介してくれると、彼に日本から持参した扇子と「森伊蔵」をプレゼントしました。誕生日の2日前でしたが、90才のお祝いを言ってきました。実は、彼はウイスキーが大好きということを聞き同じ蒸留酒だし、と思いミラノ行きの機内で自分向けに買った「森伊蔵」をプレゼントしてきました。さて、その後は彼の質問の嵐でした。

 まず、私の職業(私は、某県の教育委員会の外郭団体である財団法人に勤務しており、遺跡の調査・研究と言うことを生業にしております。)のことを聞かれ、「その職業は日本でも珍しいものじゃないのか?」とか「実際に遺跡で調査をしているのか?」などと聞かれました。その後は日本の音楽や芸術のことで、東京にあるプロのオーケストラの数や日本に西洋音楽が入ってどのくらい経つのか、音楽教育(どんな楽器を義務教育で教えるのか・プロを目指す人はどこで学ぶのか)や日本の若い演奏家達はどこでキャリアを積むのか、日本の伝統芸術(音楽に限らず、演劇や絵画についても)は今どのような扱いを受けているのか、などと非常に日本のことに興味があるご様子でした。その中でまず、「なぜ日本は西洋音楽を受け入れてから100年ちょっとしか経っていないのにポピュラーもクラシックも西洋音楽が主体なんだ?」「東京に7つ8つもオーケストラがあるなんて信じられない。」「新国立劇場というオペラハウスに専属のオーケストラがないなんて考えられない。」などということを言われたのが印象に残りました。また私が大変驚いたのは、日本の伝統音楽に話が及んだときに、プッチーニの蝶々夫人に日本の旋律がいくつか使われている、と言いましたらそれについて全くご存じなかったことです。お江戸日本橋や君が代それにさくらさくらの旋律が使われている、と私が言っても全くわかりませんでした。友人も同様でした。東洋音楽というものは、西洋にはほとんど浸透していないのかなと感じました。

 お会いしていたのは1時間弱でしたが、ほとんどが彼の質問に答えている時間でした。私が出来たのは、22年前のロサンゼルスフィルとの来日公演の感想を伝え、それが今日本の音楽ファンの中で半ば伝説化していること、それに写真を1枚撮らせて下さいということだけでした。しかし、齢90を迎えてなお音楽・芸術に対する興味・情熱・探求心は衰えることがない、ということを実感しました。

大変お元気そうに見えたマエストロですが、日本の伝統音楽に話が及んだ際にそれではCDをお送りしましょうか?と聞いたところ、「いや遠慮する、ノーサンキューだ、音楽は聴かないようにしているんだ。」といっておられました。確かに部屋の中にはCDもレコードもオーディオもなく、ピアノの上には本がたくさん積まれており、長いことその蓋は開けられていないことが伺われました。後で聞くと、心臓に持病があるため音楽を聴くと興奮してしまって体に良くないので聞かないようにしているし、ご家族からも止められているようです。こうして、マエストロ宅を後にしました。お伺いしたかったことは聞くことが出来ませんでしたが、本当に濃密な充実した時間を過ごすことが出来ました。




la scala様の撮影によるマエストロ








スカラ座管弦楽団より贈られた手紙








上の手紙を拡大