マエストロはかく語りき  自分自身



「私が最も欲しているのは、高邁な怠惰(ozio elevato)です。例えば、ただビーチに寝転がっているのではなく、本を手にして寝転がっている。ただ田舎道を歩いているのではなく、途中で見つけた自然の不思議を観察したり楽しんだりしながら歩く。そういうことなのです。」



「音楽に仕えようとするためには、困難に直面して闘ったり、策謀を克服したり、裏取引を拒絶したために仕事を断られたり、ということもありました。でも、悔いはありません。もし、また最初からやり直すことになったとしても、全く同じにやるでしょうね。」



「私生活は音楽の仕事と何の関係も無いので、申し訳ないけれども、80回目とはいえ誕生日は家で家族と祝いたいし、またそれで十分なのです。」



「ある時、選択を迫られて。スカラ座か家族かで選択しなければならなくなってしまったのです。オペラ界は花園のようでいて、全てがバラ色というわけにはいかないのです。仕事を続けるには、時には妥協することも必要なのですが、私はそれができる人間ではなかったのです。」



「私は決して自分が偉大だなどとは思っていません。ただ、ヒゲを剃ろうと鏡を見ると、自分の背後にベートーヴェンとブラームスの姿が見えるのです。」



「私は、最大の野心以外に野心を持ちません。それは音楽することです。」



「これまでの人生で、たくさんの人と出会い、たくさんの音楽家と知り合い、とても豊富な経験を得ました。ですが、私にとっては、最も素晴らしくて尊いものは家族です。結婚して50年以上、今でも最初の日と同じように妻を愛しています。それに、人生を真面目に責任感を持って生きている息子3人を誇りに思います。」



「戦争が私のコンサート・デビューの妨げになりました。1940年に召集がかかり、私はクロアチアに送られました。41年に結婚式のための休暇をもらい数日間だけ帰国しました。43年の休戦協定の頃には少尉でした。休戦後、選択は2つに1つでした。ローマに行ってナチス軍に合流するか、潜伏するかでした。私はナチス軍に加わらなかったので、9ヶ月の間、指名手配の身になりました。」



「ヴィオラの先生は、私が指揮者を目指していると知るとすぐ反対されました。私の父にも「カルロは指揮者になるには向いていないと思います。あの性格では絶対にやっていけませんよ。」と言われたそうです。父は、もちろん私が指揮台に乗ったのを見たことが無いわけです。私が先生の忠告に従わずに指揮をするというもので、ある日こっそりと演奏会にやって来たのです。演奏会が終わった後、父はこう言ったんです。「パパは間違っていたようだ。お前はやるべきだ。」とね。」



「私は、実質的には指揮は誰にも習っていないのです。学生のオーケストラを指揮させてもらいながら、自分で勉強したわけなんです。」



「妻は1980年に脳出血を起こして、言語機能を司る左脳に障害を受けてしまいました。ただ幸い、情緒や感情は冒されずにすみました。妻は私の命でした。24歳で彼女に恋して、その時からずっと私の愛に変わりはない、と言うよりますます愛は大きくなっていきました。彼女は私の全てでしたから、彼女が倒れた時、私は自分が死ぬかと思いました。彼女の傍らに昼も夜も付き添っているために、音楽を捨てようと思いました。でもその後、それは彼女が喜ばないことだと分かって・・・・。それで、家からあまり遠く離れずにコンサートをやることにしたのです。だから、ヨーロッパから遠い国々との契約はキャンセルにして、演奏回数もずっと減らしました。私は、5日以上は絶対に家を空けません。彼女はそのことを知っていて、1日、2日と日を数えて私を待っています。私が戻ると、顔に喜びの表情が浮かぶのです。もし、もっと長く留守をしたら、彼女を悲しませることになる。だから、これからもそんなことはしません。」



「私の若い頃は、勉強する時間が必要でした。今では、考えるための時間が必要です。」



「愛とは何なのでしょうね。誰かを本気で愛すると、どちらが与えどちらが受け取るのかは問題ではなくなります。私の欲する全てを持ちそれを与えてくれる女性を見つけられたのだから、これは私にとってとてつもなく大きな財産です。また、仲の良い三人の息子を授かったことも幸運でした。これを危険にさらすような真似は決してしません。仕事を犠牲にしてもです。」



「若い頃は、音楽でお金が稼げたり、自分の音楽作りで誰かがお金を払ってくれたりするとは、夢にも思っていなかったのです。オーケストラでヴィオラ奏者だった頃は、もちろん給料を貰っていました。ですが、指揮を始めて、いくら欲しいのかと訊かれた時には、どうしたらいいのか分からず、お金のことが切り出せませんでした。何だか汚いことのようで恥ずかしかったのです。」



「私はホールに指揮をしに来て、そして家に帰っていきますが、仕事と生活を分けて考えたことはありません。」






音楽観     他の音楽家     その他     来日時のインタビュー