マエストロ・ジュリーニの歩み (バイオグラフィ)



 


年(西暦) 主  な  出  来  事
1914年  5月9日、イタリア南部のバルレッタに生まれる。
1930年  ローマの聖チェチーリア音楽院で、ヴァイオリン、ヴィオラ、作曲を学ぶ。
1934年  ローマのアウグステオ管弦楽団(現・聖チェチーリア音楽院管弦楽団)に入団。フルトヴェングラー、デ・サーバタ、クレンペラー、ワルター、ストラヴィンスキー、E・クライバー、R・シュトラウスらの指揮で演奏。特にワルターに深い感銘を受ける。
1938年  聖チェチーリア音楽院の指揮科に再入学。ベルナルディーノ・モリナーリに師事。
1941年  聖チェチーリア音楽院指揮科の卒業コンクールで第1位を獲得。
1944年  ローマ開放記念コンサートで、アウグステオ管弦楽団を指揮してデビュー。ローマ・イタリア放送交響楽団の第二指揮者となる。
1946年  ローマ・イタリア放送交響楽団の音楽監督となる。
1950年  ミラノ・イタリア放送交響楽団の音楽監督となる。ラジオでジュリーニの演奏を聴いて感銘を受けた大指揮者、トスカニーニから自宅へ招待される。極度に緊張していたジュリーニはほとんど話すことができなかったが、以後、トスカニーニと親交が続く。
1951年  オペラ・デビュー。コンサート形式ではフンパーディング作曲「ヘンゼルとグレーテル」を、舞台ではベルガモ音楽祭でヴェルディ作曲「椿姫」を指揮。「椿姫」のタイトル・ロールはテバルディであったが、2回目の上演では急病のテバルディに代わったマリア・カラスと共演。
1952年  ファリャ作曲「はかない人生」を指揮してミラノ・スカラ座にデビュー。スカラ座ではデ・サーバタの副指揮者を務める。
1953年  デ・サーバタの後任として、スカラ座の首席指揮者に就任(’56年まで)。EMIに、聖チェチーリア音楽院合唱団を指揮し、ケルビーニ作曲「レクイエム」を初録音。
1954年  フリッツ・ライナーの招きにより、シカゴ交響楽団に初めて客演。
1955年  シカゴ交響楽団を指揮してアメリカ・デビュー。エディンバラ音楽祭でヴェルディ作曲「ファルスタッフ」を指揮してイギリス・デビュー。
1956年  スカラ座の首席指揮者を辞す。以後はフリーで活動。ウィーン楽友協会へデビュー。
1958年  コヴェント・ガーデン王立歌劇場に登場。ヴィスコンティ演出の「ドン・カルロ(ヴェルディ作曲)」を指揮して絶賛を浴びる。以後、主にイギリスを中心にフリーの指揮者として活動し、フィルハーモニア管弦楽団やロンドン交響楽団等と録音を続ける。
1960年  イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団を率いて、ガリー・ベルティーニと共に初来日。
1963年  フリッツ・ライナーの没後、シカゴ交響楽団より音楽監督の就任を要請される。しかし、「三人の息子たちの教育のためと、長期間家族と離れて暮らすなど考えられない」として申し出を断る。
1967年  ベルリン芸術週間で、初めてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と組む。ジュリーニは当時、EMIの専属であったが、大ピアニストであるルービンシュタインの強い要望によりシューマン作曲のピアノ協奏曲をRCAに録音(オーケストラはシカゴ交響楽団)。
1968年  ローマで、モーツァルト作曲「フィガロの結婚」を指揮。以後、14年の間オペラから遠ざかる。
1969年  ゲオルク・ショルティの要請により、シカゴ交響楽団の首席客演指揮者に就任(’73年まで)。
1973年  ウィーン交響楽団の首席指揮者に就任(’76年まで)。
1975年  ウィーン交響楽団を率いて2度目の来日。
1976年  ウィーン交響楽団の首席指揮者を辞す。
1977年  ドイツ・グラモフォンと新たに契約。それまで政治的理由で排斥されていたスカラ座に復帰を果たす。復帰コンサート当夜は、スカラ座前の広場に、切符を入手できなかったファンが多数押し寄せ、特設スピーカーから流れる音に聴き入った。演奏曲目は、ベートーヴェン作曲「交響曲第9番」。
1978年  ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任(’84年まで)。契約に際しての条件は、「音楽以外の面にはタッチしなくてよい」ということであった。アシスタントとして、チョン・ミュンフンがいた。この年、ウィーン楽友協会の名誉会員に選出される。
1979年  ウィーンにおいて、名ピアニストのA.B.ミケランジェリと共演。ベートーヴェン作曲のピアノ協奏曲第1番・第3番・第5番「皇帝」の演奏をテレビ収録(オーケストラはウィーン交響楽団)する。同時にグラモフォンへライヴ録音。終演後、演奏上の理由により、以後の共演を互いに拒否。
1982年  ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団を率いて、3度目の来日。この年、ロサンゼルス・オペラでヴェルディ作曲「ファルスタッフ」を指揮して、久しぶりにオペラに復帰。
1984年  病に倒れた夫人の看護のため、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を辞任。以後、ヨーロッパの主要オーケストラへの客演を中心に活動。
1987年  ザルツブルク・イースター音楽祭へデビュー。演奏曲は、ブルックナー作曲「交響曲第8番」(オーケストラは、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)。また、この年、大ピアニストのホロヴィッツと組み、モーツァルト作曲「ピアノ協奏曲第23番」を録音(オーケストラはミラノ・スカラ座管弦楽団)。
1989年  ソニー・クラシカルと契約を結ぶ。
1990年  ウィーン市の名誉ゴールド・メダルと、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の名誉リングを授与される。
1991年  12月5日、ヴァチカンにおいて、モーツァルト200回忌のため「レクイエム」を演奏。法王ヨハネ・パウロ2世が臨席。
1994年  ロシアのサンクトペテルブルグ・フィルハーモニー管弦楽団へ客演。演奏曲はブラームス作曲「交響曲第2番・第4番」。団員から感激の声が寄せられる。
   1995年  マルチェラ夫人、逝去。
1998年  10月、引退を表明。以後、若い音楽家たちの指導に当たる。





                 2004年のマエストロ




  
マエストロ・ジュリーニは、2005年6月14日逝去されました。享年91歳。


 
○ マエストロの訃報に接し当サイトへ寄せられた、皆様からの書き込みです。


 ○ マエストロ逝去に対する、
雑誌・新聞の記事やコメントです。




                  マエストロが眠られる地