マ エ ス ト ロ が 眠 ら れ る 地  



ハンドル名「la scala」様より、またまた貴重なレポートを送っていただきました。
マエストロの墓参記と、その際に撮影された写真です。

la scala 様、本当にありがとうございました m(__)m



マエストロ墓参記  la scala

2月2日 本日はBlzanoへ行く。ここは、マエストロが終の棲家とし、葬儀が行われ墓所があるところだ。スカラ座のオーケストラの友人Sが、詳細を事前に調べてくれてある。昨夜は、スカラ座でリゴレットを聴いて友人宅に着いたのは午前0時。食事をしながら行き方を教わっていたら寝たのは午前2時だった。

 5:30に起床し友人宅を出て、最寄りの駅へ。6:10の列車が5分ほど遅れて到着。ミラノ中央駅で飲み物と軽食を買い込み車中へ。7:05分発のミュンヘン行きだがやはり5分遅れ。同じコンパートメントのミュンヘンへ帰るという、イタリアとドイツのハーフの青年に声をかけられる。日本人かと言われ、いろいろと話をした。彼もあまり英語が得意ではないらしいが、何とか意思は通じるものだ。彼から、Blzanoはオーストリア国境に近く、標高が高いので寒いぞと警告される。これは今朝友人にも言われたことだった。コートを着てこなかったことを少々後悔する。また、Blzanoはイタリア語とドイツ語を半々に使っていると教えられた。なるほど国境近くの町だ。

 マエストロが亡くなった病院があるブレシアの手前くらいから、アルプスの山々がきれいに見えだした。列車はべローナには定刻に到着した。ここで、列車の向きが入れ替わりそれまで東に進んでいたのが、北に向きを変えた。到着した日からずっとそうだが、毎日本当に快晴続きでしかも暖かい。東京よりずっと暖かく、これが今日コートを置いてきた原因でもある。列車はアルプスの方向に進んでゆく。段々に山が迫り、列車がスピードを落とし始めもうすぐBlzanoというところで線路際に墓地が見えた。しかし、ここがマエストロの墓地であるという確証はない。

 定刻に列車はBlzanoに到着。駅前で、すぐにバスに乗り込む。どこで降りて良いかわからないので、友人に書いてもらったメモをバスの運転手に見せると、わかったと言う感じだった。発車してから20分ほどで、運転手が後ろを向いてここだ、と合図してくれた。やはり列車の中から見えたところだった。入口で薔薇の花を買い中へ。友人のメモとおりに正面のチャペルを目標に進む。メモ通りの場所にメモ通りの大きさ・色の墓標がある。墓標はチャペルへの道の隣の道に面しているため、良くは見えないがGiuliniの文字が目に入ってしまった。思わず涙がこみ上げるのを禁じ得ない。回り込むと、そこにはマエストロのご両親と共にマエストロご夫妻が眠っていた。花を献げしばらく涙流れるままに、手を合わせた。落ち着いてから、墓標をよく見ると墓標の文字はご両親と奥様のものは同じ字体・色でマエストロのものだけが若干違う。おそらくは奥様が亡くなられた際にマエストロが建立されたのだろう。そして、昨年亡くなったマエストロのものは追加で掘られたので、若干の違いがあるのだろうと推察した。つまり、マエストロご自身が永遠に眠る地をこの場所に決めた可能性がある。先にも書いたとおりここのBlzanoはイタリア語とドイツ語が通じる町である。実は列車のチケットもBlzano/Bozenと記してあるし、交通標識・看板皆2カ国語で書いてある。マエストロはイタリア人でありながら、ベートーベン・ブラームス・ブルックナーなどのドイツ音楽を得意とし、スカラフィルからもそのことについて感謝もされている。ドイツ語とイタリア語が通じるこの町は、マエストロが永遠に眠る地としてこれ以上ふさわしいところはないであろう。マエストロがそこまで考えてここに定めたかは、おそらく永遠にわからないだろうが、マエストロのそのような気持ちが感じられてならない。

 1時間ほどでマエストロの墓地を辞し、駅へ向かうバスに乗った。駅までは乗らずに途中で降りて、市内を散策がてら歩いて駅に向かった。途中で、マエストロの葬儀が行われたドゥオモの前を通った。小さいが、人出も多く活気のある町の様だ。駅でミラノまでの乗車券とベローナまでのインターシティの座席券を購入してから、時間までの暇つぶしと昼食をかねて駅近くのカフェに行った。ピザとビールを頼んだが、ここでも言葉はイタリア語とドイツ語が入り交じっている。列車の時刻が近づいたので、駅へ向かった。列車はここでも定刻に来た。2回のイタリア訪問で鉄道では遅れらしい遅れは、今回のパルマからの帰りの1回だけしか経験していない。長距離列車が非常に多い中で、これはかなり優秀だと思った。南へ向かう列車の中で、マエストロの墓所の前を通過するときに再び手を合わせた。また必ず参ります。

 

(後日譚ではありますが、帰国後チュン ミュンフン指揮の東フィルの演奏会に行きました。終演後サントリーホールの楽屋で、チュンに今月マエストロ ジュリーニのお墓参りをしてきました。と言うと、本当に驚かれた顔をしていましたので「写真があるけどご覧になりますか」と聞いたところ「是非に」と言うことでしたので、お見せしました。しばらく無言で、じっと見つめて墓石に掘られた字を追っていられました。そして、強く手を握られ握手され何度もお礼を言われました。いまだにチュンの心の中にはマエストロがいらっしゃるのだな、と言うことを実感しました。)






                

                          墓苑の入り口





                

                       入り口を過ぎて、中へ入った所





                

             チャペル正面。右側手前に見えるのがマエストロの墓碑。





                

                          ジュリーニ家の墓碑





                 

                    マエストロが眠られている場所





                 

                    マエストロのご両親と、奥様の名。

             そして偉大なる「カルロ・マリア・ジュリーニ」の名が。





                 

                 マエストロの葬儀が行われたドゥオモ(大聖堂)




  * la scala様からは、たくさんの写真をご提供いただきました。
   その中から、お許しを得て管理人が選択したものを掲載させていただきました。
   本当にありがとうございます。改めまして心より感謝申し上げます。